08 書籍紹介の最近のブログ記事


当研究科所属 岡本義行教授が寄稿している

"Sustainable Innovation and Regional

 Development Rethinking Innovative Milieus"

がイギリスのEdward Elgar社より出版されました


9781784712204.jpg

 

概要

 本書はヨーロッパ諸国の地域発展や地域活性化をテーマに、

各国の研究者が研究集会で議論しながら書籍としてまとめたものです。

地域イノベーションに関する興味深い事例を含む、

いわゆる「イノベーティブな場」を議論しています。

 

詳細

 発 売 日20171

 出 版 社Edward Elgar

 ISBN978 1 78471 220 4

 

関連リンク

 Edward Elgar社 本書紹介ページ


当研究科所属 増淵 敏之 教授の書籍

『きょうのごはんは"マンガ飯"』

CHINTAI首都圏版(2017/1/19号)

で取り上げられました。

 

記事タイトル

「あの味を自宅で!? TRY!再現レシピ」

 

雑誌詳細

価 格:260

発売日2017/1/5

 

関連リンク

CHINTAI

HP『きょうのごはんは"マンガ飯"』掲載ページ

 

1110日発売の『THE21 201612月号』

坂本光司教授の記事が掲載されます

 

THE21_12.jpg


記事タイトル

『「残業しなくても成果は上がる」は本当か?──長時間労働の現実』

 

雑誌詳細

出版社:PHP研究所

価 格:630

発売日2016/11/10

 

各種リンク

 THE21今月号の紹介(PHP研究所HP

 Amazon注文ページ


当研究科所属 坂本 光司 教授の新刊

利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか

 のご紹介です。


books_rieki.png


内容紹介

悩める経営者、社員、そして就活生必読!

日本全国から海外に至るまで7500社以上を調査してきた、ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」シリーズでおなじみの坂本光司法政大学大学院教授が、経営者、社員、取引先、地域住民、そして株主のすべてが幸せになる「強い会社」「いい会社」そして「儲かる会社」のつくり方をわかりやすく解説。ポーター、ランチェスターといった経営理論の王道から強烈に外れた、真の日本式会社経営ノウハウ46を大公開。


目次

1章 よい経営の本質とは

2章 人を幸せにする会社経営

3章 よい会社の社長・社員が実践していること

4章 やってはいけない企業活動

5章 真に強くて儲かる会社のつくり方

 

詳細

本体価格:1,200

判型:四六

ISBN9784828419190

発行日:2016/10/29


関連リンク

ビジネス社



当研究科所属 坂本光司教授の新刊

さらば価格競争 非価格経営に取り組む21社の実践

のご紹介です

 

さらば価格競争.jpg

内容紹介

全国の中小企業を対象に経営実態を調査し836社からの回答があった。価格競争型が81%、非価格競争型が19%。本書は3つの章で構成。第1章では、なぜ今や価格競争型経営ではだめなのか、なぜ今、非価格経営が必要なのかの2つの視点から分析。第2章では、「他社より安い」をセールスポイントとする価格競争型経営とは決別し、非価格経営を実践している全国各地の企業21社を取り上げ、その内容や決別のきっかけなどについて分析。第3章では、非価格経営を実現するための効果的ポイントを8つに絞って分析。

 

詳細

定価:1,620

出版社: 商業界

発売日: 2016/10/15

 

関連リンク

Amazonでご購入いただけます


当研究科所属 石山 恒貴 教授の著書

時間と場所を選ばない

パラレルキャリアを始めよう!が、

日本の人事部HRアワード2016

にノミネートされました!


日本の人事部「HRアワード」は、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する、表彰制度。素晴らしい成果を残した企業人事部やHRビジネス企業、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールドの活性化を実現することを目的としています。

 

今後、ホームページへの一般投票により、最優秀賞が決定されます。

投票はこちら.JPG

※設問3 (8)に石山先生の著書がノミネートされております。


 

関連リンク

日本の人事部「HRアワード」

ノミネート一覧


当研究科所属 増淵 敏之 教授

の新刊「きょうのごはんは"マンガ飯"

のご紹介です。


517lojnIo0L__SX343_BO1,204,203,200_.jpg

 

 

内容紹介

■愛情たっぷりマンガ飯

 3月のライオン』『姉の結婚』『SLAM DUNK』ほか

■マンガ飯の男子ごはん

『のだめカンタービレ』『ハヤテのごとく! 』『よつばと! 』ほか

■きょうの「カレー」は、どのマンガ飯

 『チャンネルはそのまま! 』『ReReハロ』『華麗なる食卓』ほか

■きょうのおやつは、マンガスイーツ

『潔く柔く』『俺物語! ! 』『西洋骨董洋菓子店』ほか

■きょうは、みんなでマンガ飯Party

『ドラえもん』『はいからさんが通る』『銀の匙』ほか 

 

この書籍には、法政大学地域創造システム研究所客員研究員の鈴木里加子さんがコーディネーション、陸善さんがイラストで参加しております。

 

 

詳細

 出版社: 旭屋出版

 発売日: 2016/9/1

 定価:1000

 

 

関連リンク

旭屋出版


当研究科所属 坂本 光司 教授が監修された、

博士後期課程在学生の著書

『「いい会社」のつくり方

人と社会を大切にする経営 10の方法

出版のお知らせ

「いい会社」のつくり方.jpg


内容

本当に「いい会社」とは、どんな会社か?という定義づけに加え、具体的に「いい会社」になるための取り組みを解説した、これまでにない1冊です。

『日本でいちばん大切にしたい会社大賞』の厳しい審査基準を超えた「いい会社」の際立った取り組み事例などを通じて、わかりやすく分析、説明しています。

中小企業は勿論、大企業で応用可能な方法が多数。「いい会社」をつくりたい経営者と、「いい会社」で働きたいと願うすべてのビジネスマンにとって、必読の書です!

 

詳細

○藤井正隆・著、坂本光司・監修 

○価格:1500円+税 

○四六変並製・240ページ

○発行日:201685

 

目次

第1章「いい会社」とは何か?

第2章「日本でいちばん大切にしたい会社」と「普通の会社」の違い

第3章「いい会社」の経営のあり方

第4章「いい会社」をつくる10の方法

第5章[対談]トヨタは本当に「いい会社」なのか 

関連リンク

WAVE出版

当研究科研究科長 上山 肇 教授が共著で新刊

「みず・ひと・まちー親水まちづくりー」

を出版されました。

みずひとまち.jpg

内容紹介

水環境における「親水」に焦点を当てることで,親水イコール水辺の施設づくりから脱却し,水環境が本来備えていた親水性を再認識し,人間と水環境との関係性を捉え直そうと考えた書。都市内や都市近郊の河川,水路などを対象としたフィールドワークを通じて,そこに見出された水辺と人々の係わり方や水辺と生き物との係わり方など,水辺の存在が果たす物理的な効果,心理的な効果,社会的な効果などを具体的にとらえ解説してゆく。「親水」機能をもつ水辺のまちづくりに関心をもっている一般・学生の方をはじめ、行政や実務に携わる方々に一読いただきたい一冊。 


目次

編 親水とは
序章 人と水との係わり
  第1章 河川環境の後退と親水概念の登場
  第2章 水辺を希求する行動・活動 
  第3章 親水公園の登場 
編 親水まちづくり政策江戸川区の取り組みを通して
  第4章 親水まちづくり
  第5章 親水空間と政策
  第6章 "親水"という名のブランド ─"親水"が伝える江戸川区の魅力


詳細

著者 畔柳 昭雄・上山 肇

B6192 / 1944

発行年月日 : 20166月25日

ISBN : 978-4-7655-1837-6


関連リンク

技報堂出版

当研究科所属 増淵 敏之 教授が

分担執筆で参加された

文化経済学 軌跡と展望

文化経済学会〈日本〉[]

のご紹介です。

文化経済学.gif


内容紹介

本書は、文化経済学会〈日本〉が2012年に20周年を迎えたことを記念し、日本で独自の発展を遂げた文化経済学の歩みをレビューし、研究の概要を把握できるようにしたものである。文化経済、文化政策、コンテンツ産業、財政学など関連分野の研究や、実務で文化政策に関わる際にも役立つ一冊である。

 

目次

はじめに----文化経済学の発展を振り返る
 第Ⅰ部 文化経済学の基本的課題
第1章 参加・鑑賞(勝浦正樹・有馬昌宏)
第2章 需要・選好(阪本 崇)
第3章 芸術家とクリエイターの労働市場(八木 匡)
第4章 文化の財政(片山泰輔)

第5章 芸術・文化への税制による支援(後藤和子)

 第Ⅱ部 文化芸術分野
第6章 舞台芸術と劇場(清水裕之)
第7章 ミュージアム(佐々木亨)
第8章 伝統芸能(山田太門・高島知佐子)

第9章 伝統工芸(高島知佐子・山田太門)

10章 文化遺産・遺跡(澤村 明)
11章 アートプロジェクト(熊倉純子・長津結一郎)

12章 現代美術(加須屋明子)
13章 クリエイティブ産業(後藤和子・
増渕敏之

 第Ⅲ部 都市・地域への展開
14章 創造都市(佐々木雅幸)

15章 まちづくり(勝又晃衣・勝又英明)
16章 観光と地域文化(井口 貢)
 第Ⅳ部 支援・政策・運営
17章 文化政策・文化行政(小林真理)
18章 企業メセナ(河島伸子)

19章 アートマネジメント(伊藤裕夫)
20章 人材育成(新藤浩伸)

21章 アウトリーチ(吉本光宏)
 第Ⅴ部 多様な学術分野との連携
22章 社会学からのアプローチ(友岡邦之)

23章 経済思想史からのアプローチ(木村雄一)

24章 美学・芸術学からのアプローチ(美山良夫)

 

索  引

 

詳細

著者 文化経済学会〈日本〉 編

出版年月日 201606月刊行予定

ISBN 97846230768880

判型・ページ数 A5400ページ

予価 本体6,000円+税

在庫 未刊・予約受付中

 

関連リンク

ミネルヴァ書房

アーカイブ