カテゴリー: 06 書籍紹介

 

当研究科修士課程在籍(増淵ゼミ)

家長千恵子さん

第7章JTBMICE事業旅行事業からの戦略的拡大

を担当された、新刊旅行業の扉のご紹介です。

 

 


旅行業の扉.jpg

 

書籍紹介

JTBは事業領域を「総合旅行産業」から「交流文化産業」へと切り替えることで、新たな事業領域を確立しようとしている。JTBはなぜこのような事業領域の切替を行おうとしているのか。 本書ではJTBのビジネスモデルをイノベーションの視点から研究者と現役社員が具体例を交えて解説。旅行業はこれからどのようなサービスを提供するべきなのか。旅行業の過去と未来への展望がわかる格好の書。 観光ビジネスに興味のある方は必読です。

 

 

目次

1   JTBのグループ経営体制への移行イノベーションの視点からの考察
2   JTBの歴史にみる旅行会社の機能と役割求められる戦略とは何か
3   旅行業の国際経営海外進出のエスニック・モテル
4   法人営業のパラダイムチェンジ 旅行事業からソリューション事業への転換
5   JTBのマルチチャネル・マーケティング・システム-JTBの取扱を拡大する提携販売の実像
6   ビジネストラベルマネジメント(BTM)のモデル 出張業務のソリューションとは何か
7   JTBMICE事業旅行事業からの戦略的拡大
8   「パブリックビジネスへのJTBグループの挑戦」官民パートナーシップによる地域活性化
9章   メディア販売の隆盛 後塵を拝するJTBのメディア販売の価値
10 JTBのインバウンド事業 世界と地域をつなぐ訪日インバウンド旅行ビジネスの革新性
11 リアル品質でお客様満足を追求する店頭販売の進化 リアルとバーチャルの融合による

              ハイブリッド店舗ネットワークへ
12 多国籍企業化を目指すJTBのグローバル戦略 ツムラーレ買収による欧州グローバル事業への挑戦
13 旅行事業としての地域交流ビジネス

 

家長千恵子さんからのコメント

2012年に創立100年を迎えたJTBですが、従来型の旅行会社のビジネスモデルだけでなく、
最前線のビジネスモデルをイノベーションの視点から具体的に解説しています。
私の担当したMICEは、代表事例を中心にわかりやすさを心がけ、まとめました。
JTB
に関心のある方や、旅行業界を目指す学生さんにぜひ読んでいただきたいです。」

 

書籍情報

単行本339ページ

出版社碩学舎

発売日 2013/5/18

価格   1890

 

【 碩学舎 書籍ご紹介ページ 】

http://www.sekigakusha.com/book_business3.html 

 

 

カテゴリー: 06 書籍紹介

 

実践メディア・コンテンツ論入門

 

当政策創造研究科 博士後期課程在籍(増淵ゼミ)の

岩崎達也さんの新刊ご紹介です

 


岩崎さん書籍2.jpg

 

内容のご紹介

広告代理店、テレビ局など、メディアビジネスに30年以上携わり、また現在はビジネス

スクールでも教鞭をとられている岩崎達也さんの新刊です。

理論と実務的なビジネスへの応用をミックスした、独創的なメディア・コンテンツ論の入門テキストとなっており、「メディアとはなにか」の基礎理論の紹介から、

スポーツイベントとメディアの関係、メディアミックスの変遷からメディアの未来形に至るまで、多角的な角度から解説されています。

 

書籍の情報

· 出版社: 慶應義塾大学出版会 (2013/4/20)

· 発売日: 2013/4/20

· 価格:2.625

 

カテゴリー: 02 シンポジウム・講演会

 

 政策創造研究科シンポジウム

 

 

楽力

-カルチャーによるベネフィットの

あり方を考える-

 

企画内容

 

2011311日、東日本大震災以降、多くのミュージシャンが被災地支援のために立ち上がった。それぞれの思いによってアプローチの方法、支援の形が創出された。しかしおそらく継続的な動きになったのは一部なのかもしれない。

 このシンポジウムでは、被災地支援で果たす音楽の役割を事例を通じて検証するとともに、カルチャーを通じたベネフィットのあり方を論じていきたい。

 

日時: 2013年7月6

日(土) 14:30開場 

共催: 法政大学地域創造システム研究所 コンテンツツーリズム学会

定員: 100

参加費: 

講演場所: 法政大学ボアソナード・タワー 26F スカイホール

 

当日のスケジュール

 

15:00        開会のご挨拶

15:05           増淵敏之教授 

                奥尻島から始まったベネフィットの潮流    

 15:30        宮入恭平氏      

                       <音楽の力>言説の功罪 ーポスト3.11のポピュラー 音楽シーン

 15:55        田中菜穂氏      

                        カタチなき歌が、人々を繋ぐ

16:20        休憩

16:30    討論

17:10    閉会のご挨拶

 

 

Panelist  & Moderator

 
増淵先生パネリスト.jpg 

Panelist 増淵敏之TOSHIYUKI MASUBUCHI

 

 法政大学大学院政策創造研究科教授。専門は経済地理学、文化地理学、単著に『物語を旅するひとびと-コンテンツツーリズムとは何か―』(彩流社、2010年)、『欲望の音楽―「趣味」の産業化プロセス―』(法政大学出版局2010年)、『物語を旅するひとびとⅡ-「ご当地ソング」の歩き方―』(彩流社2011)、『路地裏が文化を生む!:細街路とその界隈の変容』(青弓社、2012年)などがある。

 

 

 


パネリスト 宮入先生.jpgPanelist
 宮入恭平KYOHEI MIYAIRI

 

 法政大学大学院兼任講師、国立音楽大学ほか非常勤講師、ミュージシャン。専攻は社会学、ポピュラー文化研究、カルチュラル・スタディーズ。著書に『ライブハウス文化論』、共著に『ライブシーンよ、どこへいく』、共編著に『「文化系」学生のレポート・卒論術』(いずれも青弓社)、翻訳書に『地下鉄のミュージシャン』(朝日新聞出版)など。

 

 

 

パネリスト 田中先生.jpgPanelist 田中菜穂NAHO TANAKA

 


シンガーソングライター。南相馬&杉並トモダチプロジェクト主催者。

現在までにTajaとしてアルバム3枚を発表。その他に、多くのテレビCMや、楽曲提供、コーラス、テーマソングなどを歌う。 震災後、南相馬市原町にあるパン屋パルティールの「パルティールのうた」を製作した事を縁に、南相馬との交流を深める。2012年、南相馬「みんな共和国のテーマソング「みんなのうた」を制作した。

 

モデレーター 中井さん.jpg

 

     Moderator 中井佳絵/YOSHIE NAKAI 

 

フリーアナウンサー、法政大学地域創造システム研究所特任研究員。広島でフリーアナウンサーとして活動する傍ら、2007年から関東や中四国を中心に100校以上の小学校で環境出前授業の講師を勤める。2010年に防災士取得。2012年に法政大学大学院政策創造研究科にて修士論文『防災・減災教育が児童に及ぼす影響』を著し政策学修士号を取得。

 

 

 

 

アクセス 

講演場所:法政大学ボアソナード・タワー26F スカイホール

      (法政大学富士見校舎内)

 

最寄り駅からのアクセス

JR線】 総武線:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10

【地下鉄】都営新宿線:市ヶ谷駅下車徒歩10分

     東京メトロ:市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10

 

 


シンポジウム地図.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

お申込みサイト(下記URLよりお申込みが出来ます)

パソコンからのお申込は、こちら

       ↓↓

https://www.event-u.jp/fm/10293

 

モバイル・携帯からのお申込は、こちら またはQRコード

       ↓↓

https://www.event-u.jp/fm/m10293

QRコード.jpg

 

 

 

 

 

 

     *シンポジウムのチラシはこちら

          ↓↓↓

     
【シンポジウムチラシ】.pdf


 

 

お申込み及びシンポジウムについてのお問合せ

法政大学大学院事務部大学院課 政策創造研究科事務室

Tel : (03)5228-1640   Fax : (03)5228-1643

E-mail : rpd-j@hosei.ac.jp

 

Read more »

カテゴリー: 06 書籍紹介

 

当研究科所属 増淵敏之教授の著書

「路地裏が文化を生む!細街路とその界隈の変容」

の書評が5月11日発行の図書新聞に掲載されました!!

 

  

 


路地裏が文化を生む!.jpg

 

 

 

書籍紹介

  1960年代から70年代にはサブカルチャーを支え、クリエイターを育んでいた路地裏は、バブル期の都市開発に押されながらも、いままた再創造されている。全国の路地裏をフィールドワークして、路地裏がもつコンテンツ創造の可能性、地域振興の役割を再評価する。

日常生活の場であり、にぎわいと同時に猥雑さをも醸し出す路地裏=バックストリート。高度経済成長期からバブル期までの都市開発によって都市空間の片隅に追いやられたバックストリートとその周辺―公園・広場・雑居ビルなど―の変遷を、東京・大阪・札幌・広島・福岡をフィールドワークして描き出す。若者文化を育みサブカルチャーを発信する力や人材・コンテンツを創造する力をバックストリートに見いだし、コミュニティー形成を通じて地域を振興する機能があることを明らかにする。バックストリートとその周辺がもつ文化創出の可能性を浮かび上がらせる都市論。

 

書評(一部抜粋)

 「本書をもって街に出るのもよし、他の都市論文献を読み解く中で参照すべき参考書として拾い読みをするもよし、手元から手放し難い本である」(山田晴通、図書新聞第3110号)

 

書籍情報

l 単行本:234ページ

l 出版社: 青弓社 (2012/11/21)

l 発売日: 2012/11/21

l 価格 ¥1680

 

【図書新聞HP】

 http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/

 

【青弓社 書籍ご紹介ページ】

 http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-3346-2

 

カテゴリー: 研究室

 

みんなのはままつ創造プロジェクト2.jpgのサムネール画像

 

 私たち恩田研究室では一昨年より、静岡県浜松市にて共同建築とその同時代に建てられた建物の調査研究を行っています。

 

 共同建築とは、戦災復興の過程で、隣接する住人と共同で建てた鉄筋コンクリート造のビルディングのことであり、隣接する住戸と壁を共有しているのが特徴です。この共同建築を含め、この時代に建てられた建物を地域資源として、中心市街地の活性化に活用できるのではないか、と私たちは考えています。昨年度は、この調査研究が、浜松市の「みんなのはままつ創造プロジェクト」事業に採択され、浜松市からのバックアップをもとに推進させました。あわせて、その成果として「共同建築とその同時代の建築」と題したパネル展を31522日に浜松のまちなかで開催しました。展示会には、たくさんの方が来場し、地域資源としての共同建築の存在を知っていただけたことと思います。

 

 共同建築を実際に活用していくには、さらに調査研究を深めていく必要がありますが、今後も活用を視野に入れて、着実に前進させていきたいと考えています。

 

 

恩田研究室 清水遥介

 

 

 


みんなのはままつ創造プロジェクト.jpgのサムネール画像
 

 
 

 

カテゴリー: 06 書籍紹介

 

 

物語を旅するひとびと

ー コンテンツツーリズムとは何か ー 

 

政策創造研究科 増淵敏之教授の著書

「物語を旅するひとびとーコンテンツツーリズムとは何か」が

2013年度吉備国際大学の入試問題に採用されました。

 


増淵先生「コンテンツツーリズムとはなにか?」.jpg

 

 

書籍説明

「聖地巡礼」映画やドラマのロケ地、マンガやアニメの原作地には観光客が集まる。

コンテンツを通して醸成された地域固有の物語性” “テーマ性を観光資源として活用する

ことがコンテンツ・ツーリズムの根幹であり、新たな「観光資源」の創出である。

 

目次

第1章 コンテンツ・ツーリズムとは何か?

第2章 コンテンツ・ツーリズムの歴史

第3章 『北の国から』の魅力

第4章 大河ドラマの魅力

第5章 韓流ドラマ『冬のソナタ』の魅力

第6章 「水木しげるロード」ができた理由

第7章 『らき☆すた』の魅力

第8章 司馬遼太郎と藤沢周平

第9章 コンテンツがつくるイメージ

第10章 ご当地ソングのツーリズム;第11章 吉田修一を歩く

 

書籍情報

単行本: 215ページ

出版社: 彩流社 (2010/04)

発売日: 2010/04

価格:2100

 

 

【 関連リンク:コンテンツツーリズム学会Facebook

   https://www.facebook.com/contentstourism

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類

 

2013年度ゴールデンウィーク期間中の政策創造研究科における、

授業実施日と政策創造研究科事務室窓口取扱は以下の通りになります。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。

 

月日

授業

政策創造研究科 事務室

4月29日(月・祝)

授業実施します

閉室

4月30日(火)~

5月6日(月・祝)

授業実施しません

閉室

 

尚、政策創造研究科 事務室窓口取扱は57日(火)より再開致します。

詳細は下記のURLよりご確認ください。

 

 

【ゴールデンウィーク期間中の窓口取扱について】

http://www.hosei.ac.jp/NEWS/campuslife/130419.html

 

 

 

2013年4月19日

政策創造研究科担当

カテゴリー: 05 その他, 08 授業

 

2011年度「政策ワークショップ」(修士課程必修科目)の報告書が完成致しましたのでご報告致します。

 

 先生方の授業での講義や議論の様子など、余すところなくまとめました。2011年度は、未曾有の災害

である3.11が発生した年ということもあり、議論の中でも3.11の話題が数多く盛り込まれていることが

特徴的です。また、この授業は政策創造研究科の全教員が持ち回りで登壇するかたちで進められる

ので、本研究科の教員を知ることができる非常によい機会となっていす。

 さらに、この報告書を通して、年齢や職業など様々な経験を持った学生がまっている本研究科

ならではの、白熱した議論のやりとりが伝わってくるかと思す。

 本報告書のPDFファイルを、下記に張らせていただきましたで、ダウンロードし、

ご一読いただけると幸いです。

 

【 2011年度 政策ワークショップ報告書 】 


2011政策ワークショップ報告書0_表紙.pdf


2011政策ワークショップ報告書1_はじめに+目次.pdf

2011政策ワークショップ報告書2_模擬授業.pdf

2011政策ワークショップ報告書3_第1回.pdf

2011政策ワークショップ報告書4_第2回.pdf

2011政策ワークショップ報告書5_第3回.pdf


2011政策ワークショップ報告書6_第4回.pdf


2011政策ワークショップ報告書7_第5回.pdf

2011政策ワークショップ報告書8_第6回.pdf

2011政策ワークショップ報告書9_おわりに+奥付.pdf

 

 

2011年度 政策ワークショップ編集委員会

冨永 正義

 

 

カテゴリー: 05 その他

 

当政策創造研究科 増淵敏之教授が監修された

「ヨコスカ カルチャーガイド」が話題となり

横須賀経済新聞に掲載されました。

 


横須賀マップ.jpgのサムネール画像

横須賀マップ2.jpgのサムネール画像

 

「横須賀ストーリー」の歌詞「これっきりこれっきりもう これっきりですか…」と歌われた通称「これっきり坂」(横須賀中央)、松任谷由実さんの「リフレインが叫んでる」(立石海岸)、北野武監督「HANA-BI」の坂道シーン(野比海岸)、「ヨコハマ買い出し紀行」「スカイガールズ」などなど・・・

 

 

横須賀を舞台にした音楽・映画・アニメ・コミック39作品を紹介した本マップは、現在、市内観光施設・鉄道各駅などで配布されています。

 

 

増淵敏之教授のコメント

「コンテンツ作品は地域の文化資源。作品舞台のご当地巡り、という通常とはひと味違った視点で横須賀観光を楽しんでもらえたら」

 

横須賀経済新聞*   http://yokosuka.keizai.biz/headline/970/

 

 

 

2013415

政策創造研究科担当

 

 

 

カテゴリー: 06 書籍紹介

 
 

「文化系」学生のレポート・卒論術

 

 

当政策創造研究科兼任講師宮入恭平先生の新刊ご紹介です。

当研究科の増淵敏之教授もコラムを執筆されています。

 

 


「文化系」学生のレポート・卒論術.jpg

書籍の紹介

音楽・映画・ファッション・アイドル・スポーツなど、身近な文化をレポートや卒論で取り上げる文科系学部の文化系男子・女子が増えている。レポートを書くうえでの基本的なルールや文章術、書くための視点や素材、資料やデータの集め方をレクチャーする。

 

登録情報

l  単行本: 246ページ

l  出版社: 青弓社 (2013/4/7)

l  言語 日本語

l  ISBN-10: 4787292129

l  ISBN-13: 978-4787292124

l  発売日: 2013/4/7

l  価格 ¥1.680

 

                                   2013年4月13日

                                   政策創造研究科担当