カテゴリー: 02 シンポジウム・講演会

2005年を境に、日本の人口は減少傾向にある。一部の都市圏を除いた地域では都市自体も規模を縮小させつつある。今までのように、国の援助に依存した状態では都市が成り立たない時代へと変貌してきた。しかし、その時代の変化に対応できている自治体は少ない。本シンポジウムでは、個性豊かな政策創造研究科の教授方にパネリストとして、それぞれの視点から事例を踏まえつつ「縮小都市の未来」についての講演を行った。


 


全体.jpg http://chiikizukuri.gr.jp/blog/2010/10/post-47.html

 

 まず、司会者であり、法政大学地域研究センターの特任教授である尾羽沢先生から、「縮小都市の現在」というテーマで人口動向からみた都市縮小について、明治以前の日本や世界の他都市の人口との比較も交えつつ、日本の地方都市における人口減少の現状に関する説明があった。そして、恩田先生からは自らが現在、携わっている長野県の諏訪における中心市街地で増加している空き家について、歴史的な観点を踏まえながらスライドを中心とした内容の報告があった。次に、増淵先生から「縮小都市は『才能』を作る?」というテーマの話題提供があった。縮小都市が生き残るためのアプローチとして、近年よく使われるようになった創造都市との関係から論じたものである。最後に、黒川先生からは、都市が本当に縮小しているのかという懐疑的な視点で、港区界隈における人と高層ビル群の都市開発構想についてのCG映像が紹介された。電車などを地下に配置し、地上に緑地などを増やすといった人が住み良い街を作り上げることで安心して暮らせるようになれば、人口減少は食い止められるという黒川先生独自の観点からの話だった。

 


写真パネリスト4名.jpg
                             パネリスト

                              黒川 和美 (法政大学大学院政策創造研究科教授)

                              増淵 敏之 (法政大学大学院政策創造研究科教授)

                              恩田 重直 (法政大学大学院政策創造研究科専任講師)

                              司会:尾羽沢 信一(法政大学地域研究センター特任教授)

 

 

これから都市が人口減少しつつも豊かな生活を維持出来していくためには、都市の自助努力が必要になる。しかし、流行や他の都市の成功例ばかりを追っていては、その都市本来の良さが出し切れずに衰退してしまうのではないだろうか。

(政策創造研究科 増淵ゼミ 高畑 好未)

 

 

 


1204教授写真.jpg

カテゴリー: 02 シンポジウム・講演会

本公開セミナーは1月28日に開催される国際シンポジウムに先立ちまして、外国人講師とヨーロッパ各地の特色ある「地域産業の再生策」を議論します。奮ってご参加ください。

 

日時 2011127日(木) 18:00開場

                           18:3021:00

場所法政大学ボアソナード・タワー26階スカイホール

 

参加費無料

 

 

 詳細はこちらよりダウンロードできます。


20110127_シンポジウム「地域産業をいかに育てるか?」.pdf 

 

お申込みはこちらの登録サイトからお願いします。

https://www.hosei-web.jp/fm/10103.html

 

 

モバイルからもこちらのQRコードにアクセスいただけると、お申込みができます。

 

1.27国際シンポQR_Code.jpg

 

 

【当日のプログラム】

Jean-Jacques FOIGNET(ノルマンディー振興公社国際事業部長)「フランス・ノルマンディ地方の地域経済と活性化策」

Ola Jonsson(ルンド大学社会経済地理学部准教授)「スウェーデン・スコーネ地域の活性化策」

Pierre Rossel(ローザンヌ工科大学技術マネジメント学部副学部長「スイス・ローザンヌ地方の経済と活性化策」

Fiorenza Belussi(パドヴァ大学経済学部教授)「イタリア・ヴェネト州における地域産業の振興策」

 

【お問合せ先】

法政大学大学院事務部大学院課 政策創造研究科事務室

Tel:03-5228-1640  Fax:03-5228-1643  E-mail:rpd-j@hosei.ac.jp

 

主催:法政大学政策創造研究科

後援:日本ベンチャー学会,地域活性学会,法政大学地域研究センター

カテゴリー: 05 その他

標記について、下記の通りとなりますので、よろしくお願いいたします。

 

              記

 

大学院課窓口業務の休業日  

:12月26日(日)~1月7日(金)

 

証明書発行機停止  

:12月25日(土)17:30~1月7日(金)

 

 詳細: http://bit.ly/i1wzUW

        以上

 

 

 

カテゴリー: 02 シンポジウム・講演会

『目に感謝チャリティフォーラム』が開催されます。この9年間、ベトナムで目の治療や指導をボランティアで行い、1万人の失明予防に取り組まれている眼科医 服部匡志氏の講演会です。また、政策創造研究科の坂本光司教授がコーディネーターとして参加されます。ご興味のお有りの方、是非ご参加されてはいかがでしょうか。

 

【詳細】

日時:平成23124() 13:0017:00

開場:法政大学 外濠校舎(市谷キャンパス)

定員:850名(完全事前予約制)

入場料:無料

(チャリティイベントですので、お志を頂ければ幸いです。)

 

パネルディスカッション:

 コーディネーター:坂本光司教授

 パネリスト:服部匡志(眼科医師)

 パネリスト:新城直

 (株式会社ナレッジクリエーション代表取締役)

 パネリスト:小林幸一郎

 (NPO法人モンキーマジック代表理事)

 パネリスト:成澤俊輔

 (株式会社ダイバストリート代表取締役)

 

【お申込みは下記URLより】

http://diverstreet.jp/event/thanks_for_eyes_CharityForum.html

 

 

PDF

http://hrm.or.jp/event/charity110124.pdf

 

 


 

カテゴリー: 05 その他

 

 

 

 

大学院政策創造研究科では、アチーブメント(株)様から多額のご寄付を受けました。

 


IMG_0307.jpg12
14日に、同社の青木仁志社長が本学キャンパスをお招きし、岡本研究科長より感謝状と記念品が贈呈されました。

この場を借りて、ご厚意に対し御礼申し上げます。

 


IMG_0313.jpg政策創造研究科では、頂いた寄付金を研究科在籍生の奨学金として活用していく予定です。

 

カテゴリー: 06 書籍紹介

 

 

欲望の音楽 増淵敏之 ()

「趣味」の産業化プロセス

 

欲望の音楽.jpg

こちらをクリックするとamazon.co.jpでご購入することができます。

↓  ↓  ↓

欲望の音楽

 

商品の説明

内容紹介
パッケージから配信へというビジネスモデルの転換によって、いま音楽産業は大きな転換期を
迎えている。これから先、音楽産業はどのような方向に向かっていくのか。
本書は、人間と切り離すことのできない音楽を文化的財と捉え直し、その理論的な考え方を
紹介しつつ、東京をはじめ、京阪神、福岡、札幌、仙台、沖縄などのコンテンツ産業の歴史と
地域復興のあり方を具体的に考察する。【音楽・文化産業論】 amazon.co.jpより


登録情報
単行本: 324ページ
出版社: 法政大学出版局 (2010/12/6)
言語 日本語
ISBN-10: 4588410245
ISBN-13: 978-4588410246
発売日: 2010/12/6

 

カテゴリー: 02 シンポジウム・講演会

2010年11月13日(土)、市ヶ谷キャンパス・ボアソナード・タワーにて、政策創造研究科公共政策創造群シンポジウム「女性が大学院を変える――知識社会への飛躍」を実施しました。

 

 

 

1113①komine.jpg

 

基調講演「女性が経済を変える」:

本研究科 小峰隆夫教授より、女性は日本最大の「眠れる資源」であること、女性と男性との経済行動の違い、女性が活躍する企業は儲かっていること、女性がダイバーシティを象徴すること、などについて、データを示しながら解説いたしました。

 

 

 

 

 

 

 


 

 


1113②.jpgパネル・ディスカッション:

 

本研究科での研究成果を生かしつつ社会で活躍されている女性の皆さんにお集まりいただき、大学院の意義、社会への貢献、家庭や職場での反応などについて、大いに語っていただきました。

 

 フロアからも積極的な参加をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1113③suwa.jpg

                                              司会: 諏訪康雄 政策創造研究科教授

 

 

 

 

パネラーのみなさん


1113④パネラー.jpg

 

多くの皆様にご参加いただき、お蔭様で盛会に終わることが出来ました。また、終了後には、「社会に出た後も学ぶ環境があることを知った」「学びの楽しさが感じられた」など、温かいコメントをいただきました。心より御礼申し上げます。

 

 

カテゴリー: 03 研究科紹介

地域活性化を担う人材育成の調査のため97日から11日間の日程で岡本教授、中嶋教授、松本准教授、院生7名でスイス、スウェーデン、デンマークを視察しました。

 

最初にザンクトガレン大学を訪問しベリテッリ教授にキャンパス内を案内していたき、同大学の公共サービスと観光に関する支援の話をお聞きしました。また、ヌーシャテル市では、ヌーシャテル大学でのディスカッションや時計製造企業を訪問しました。

 


oka1.jpg                  

   ローザンヌでは、ローザンヌ工科大学(EPFL)のロッセル教授のレクチャーと意見交換をした後、同教授の案内で坂の街の風情を堪能しました。また、レマン湖畔のオリンピック博物館では、オリンピック精神とIOCの歴史を学びました。

 

oka2.jpg スウェーデン・デンマークでは、ルンド大学、コペンハーゲンビジネススクール、スコーネ地域国際部 南スウェーデン商工会議所、MEDEONなど多くの大学やサイエンスパーク関係者との交流や意見交換を行いました。

 

oka3.jpg 


 


 


 

カテゴリー: 03 研究科紹介

2011年度大学院入学希望者を対象に大学院進学相談会を開催します。

各研究科専攻の担当教員が、懇切丁寧にご相談に対応する体制をとりますので、是非お気軽にご参加ください。

http://www.hosei.ac.jp/gs/cms/301/

 

日   時  116日(土) 13:0015:00

場   所  市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー

会場 <26階 スカイホール>

政策科学研究科

      

参加方法   参加申込み不要,入退場自由(無料)

地   図  ご来場の際には以下のURLからキャンパスマップでご確認ください。

 http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html

 

 お問い合わせ先  法政大学大学院事務部

TEL 03-5228-0551

E-mail hgs@adm.hosei.ac.jp

カテゴリー: 02 シンポジウム・講演会

政策創造研究科都市文化創造群シンポジウムを開催しますので、奮ってご参加ください。

 

テーマは

 

『縮小都市の未来-まちづくりの事例から考える-』

 

人口の減少により日本の諸都市の大半は縮小都市への道を歩み始めています。もちろんそれによって財政も逼迫の方向にありますが、もはや国の支援や援助に頼ることのない自助努力が可能な都市を目指さなければならないといった状況に追い込まれています。しかし依然として自治体の政策は高度経済成長期の幻影を追い求めているような感があります。本シンポジウムは本研究科の教員がそれぞれの研究蓄積を持ち寄り、更にそれぞれの研究領域の視点からのアプローチにより事例を交えて議論していきます。ぜひ、奮ってご参加ください。

 

日時:2010124日 土曜日 15:00(開場1430)~17:20  

 

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス 

   法政大学外濠校舎S306教室

 

 —Schedule—-

 

1430~     開場

15001700 パネルディスカッション

17001720 政策創造研究科のご紹介 

 パネリスト

黒川 和美 (法政大学大学院政策創造研究科教授)

増淵 敏之 (法政大学大学院政策創造研究科教授)

恩田 重直 (法政大学大学院政策創造研究科専任講師)

司会: 尾羽沢 信一(法政大学地域研究センター特任教授) 

 

 【詳細】

「全国規模では2005年より人口減少過程に入ったとされているが、地域別でみても大都市圏と一部の地域を除いて既に人口減少が顕在化しつつある。人口減少に直面するわが国の大部分の地方都市は今後は都市の縮小と対峙しなけばならない。そこには自然減だけではなく、産業衰退による社会減も要因として存在するだろう。国内外の事例(ex.長崎、ニューキャッスルなど)を参考に、縮小都市の未来を論じていく。

①人口減少しつつも豊かな生活が維持できるような地方都市の都心再生および生活圏の形成、②グローバリゼーションの潮流に対応できるような地方の港湾、空港整備・活用、③地方交付税、農業保護、公共事業の優先的配分にできるだけ依存しない自立的な経済構造への移行、すなわち地場産業の活性化、新事業、新企業の創出や地域の産業クラスターの国際競争力、研究開発力の向上、を目的とすべきであると矢作弘(2008)は述べているが、このシンポジウムにおいてもそれらの点について改めて注目していく。」

 

 

お申込みは、下記Web申込受付フォームよりお願いします

https://www.hosei-web.jp/fm/10096.html

 

詳しい詳細はこちらをどうぞ

↓  ↓  ↓

 


2010124「縮小都市の未来ーまちづくりの事例から考える-.pdf 

 

——お問い合せ——–

 法政大学大学院 政策創造研究科 事務室

 162-0843 東京都新宿区市谷田町2-15-2 

Tel03-5228-1640Fax03-5228-1643

 E-mailrpd-j@hosei.ac.jp