カテゴリー: 03 研究科紹介

本研究科 上山 肇 教授 と 石山 恒貴 教授

へのインタビュー記事が

役割創造Project」に掲載されました。

 


※以下下線部から該当のHPをご覧いただけます。

役割創造Project
社会人が学び直し、学術的な基礎を基に社会課題に取り組む「法政大学大学院政策創造研究科」

カテゴリー: 09 模擬授業&ゼミ見学会

個別相談会&ゼミ見学会のご案内(オンライン)

 

法政大学大学院 政策創造研究科は2008年4月に開設した独立大学院です。

大学院進学をご検討中の方、また、専門実践教育訓練給付金(最大112万円支給)を使っての

大学院進学にご興味をお持ちの方向けに、個別相談会&ゼミ見学会を開催します。

奮ってご参加ください。

 

日 時 2021年9月25日(土) 11:00~14:50

内 容 Zoomを通したオンラインでの実施

 

*スケジュール* 

 11:00~11:30

     ・研究科長挨拶、研究科紹介(オンライン)

     ・専門実践教育訓練給付制度と入試について(動画共有)

     ・質疑応答(オンライン)

 11:30~12:30  各教員で個別相談会(オンライン)

               ※上山教授は、授業実施のため16:50以降に個別相談を承ります。

    13:10~14:50  ゼミ見学会(オンライン)

      梅溪 健児  ゼミ(経済・社会プログラム)

      石山 恒貴  ゼミ(雇用・人材育成・キャリアプログラム)

      高尾 真紀子 ゼミ(地域社会・介護福祉プログラム)

      上山 肇   ゼミ(都市空間・まちづくりプログラム)

      増淵 敏之  ゼミ(都市文化プログラム)

      須藤 廣   ゼミ(観光メディアプログラム)

              真壁 昭夫  ゼミ(地域産業・行動経済プログラム)

      井上 善海  ゼミ(企業経営革新プログラム)

      小方 信幸  ゼミ(CSV・サステナビリティ経営プログラム)

 

*お申込み方法* 

    こちらのフォームよりお申込みください。

 

*お問合せ先*

  法政大学 大学院事務部大学院課 政策創造研究科担当

     〒102-0073 東京都千代田区九段北3-3-9

     Tel:03-3264-6630

          Email:rpd-j@hosei.ac.jp

カテゴリー: 研究室

当研究科 石山ゼミ修了生の佐野有利さんの論文(修士論文を改稿し投稿)が、
に査読論文として掲載されました。

 

特集 「分断される社会」とメディア


是非ご覧ください。

カテゴリー: 記事紹介

当研究科 石山 恒貴 教授のインタビュー記事がリクルート進学総研

『カレッジマネジメント』に掲載されました。

 

リカレント教育と日本の大学⑬/学び手同士のコミュニティーをどう作るのか~研究型大学院の場合

 

社会人大学院生が自分の研究を進めていくにあたって「学び手同士のコミュニティー」がどれほど大きな役割を担っているか、またそれを実現するために教員がどのような工夫を行っているのか石山ゼミの取り組みを紹介しています。

 

是非ご覧ください。

カテゴリー: 未分類, 記事紹介

当研究科 石山恒貴研究室所属 博士後期課程1年の小山はるかさんの
インタビューが法政大学キャンパス内で行われました。

「日経ウーマン」(10月号)
【特集】ワクワクしながら成長したい 毎日が面白くなる!大人の勉強Rule(P42)
にて掲載されています。

ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: 02 シンポジウム・講演会

当研究科長 増淵 敏之教授が法政大学 江戸東京研究センター主催 シンポジウム

『EToSがつくる新・江戸東京研究の世界』に登壇します。

 

●詳 細●

日 時:2021年09月19日 SESSION1(10:00~)SESSION2(14:00~)

              2021年09月26日 SESSION3(10:00~)SESSION4(14:00~ )

会 場:オンライン配信(Zoom)

参加費:無料

 

事前申込制→事前申込はこちら

フライヤーのダウンロードはこちら

 

●シンポジウム概要●

〇SESSION1【都市をつくるのは誰か―定住者と流入者・来訪者、それぞれの役割とまなざし】

〇SESSION2【都市の表象文化 「名所」から「聖地」へ】

 コーディネーター
  岡村民夫|法政大学国際文化学部国際文化学科教授

 登壇者
  米家志乃布|法政大学文学部地理学科教授
  森田 喬|法政大学名誉教授
  岡村民夫|法政大学国際文化学部国際文化学科教授
  増淵敏之|法政大学大学院政策創造研究科教授

〇SESSION3【コモンズを再生する東京 2021】

〇SESSION4【EToS の今後 江戸東京研究の可能性をさぐる】

 

●関連リンク●

法政大学 江戸東京研究センター

カテゴリー: 研究室

当研究科 高尾 真紀子研究室の学生 鈴木(永野)裕子さんが

『朝日教育会議2021』法政大学の回(vol.3 )で登壇します。

 

『朝日教育会議2021』ー 法政大学の回(vol.3 )

 

 

主 催:朝日新聞社

日 時: 11月20日(土) 13:30~16:30(予定)

テーマ:世の中は「正しく」動いているか?~合理的な意思決定と「実践知」~

「合理的な根拠に基づく政策立案」(EBPM)や「データサイエンス」が注目されるなど、事実の客観的分析をもとにした判断の大切さが強調されています。SNSなどによる情報の氾濫のなかで、社会課題を正しく解決するための意思決定のあり方を考えます。

 

開催情報はこちら

カテゴリー: 06 書籍紹介

●当研究科 文化・都市・観光創造群から書籍出版のおしらせ

 

出版社●公人の友社

タイトルポストマスツーリズムの地域観光政策~新型コロナ危機以降の観光まちづくりの再生へ向けて~

著 者●第1章 須藤 廣、第2章 山本 朋人、第3章 後藤 直哉、

     第4章 山原 一晃、第5章   増淵 敏之、第6章 岩田 真理子、

     第7章 森 直人、第8章 上山 肇、第9章   高 歓、  第10章 中村 幸子、

             第11章 嶋村 豊一、第12章 家長 千恵子、第13章   内桶 克之、第14章   川津 康文、

          コラム 衣幡 征治、中田 久美子、藤井 建人、大川 朝子

 

内容紹介

本書は、法政大学大学院政策創造研究科で観光政策に関係する文化・都市・観光創造群の教員3名が中心となり、観光分野で活躍している在学生・修了生、計18名で執筆を担当している。「観光総論」、「メディア・文化」、「まちづくりー事例」、「まちづくりー事例」の大きく4部に分類し、それぞれに論じられている。